2021年度概要

2021年度 基本方針

スローガン

新型コロナウィルス、長引く自粛、医療崩壊、そんな状況に日本そして世界が今も尚、恐怖にさらされています。

2020年、100年に一度の未曾有のパンデミックに、今までの生活や常識は一変され、終わりの見えない状況の中、中小企業そして大企業さえも苦境に立たされています。試練と言うにはあまりに

も残酷で世界が日に日に疲弊していくように感じます。

昨年の今日、私は単会スローガンを「常笑思考(じょうしょうしこう)」と掲げさせていただきました。

その直後オリンピックの延期、緊急事態宣言。そんな中、会自体の活動をどうするものか?

会員自身の事業もままならぬ中、単会活動を行うべきなのか葛藤がありました。

しかし、当単会が出した答えは後ろ向きな答えではなく、「出来る限り全力で青年部としてできることをする」そういった答えでした。

もちろんできなかった事業もたくさんあります。

しかしこのコロナ禍で新しく取り組んだ事業やアイデアももっとたくさんあります。

何もせず後悔する対策より失敗を恐れず攻めていく対策。

明けない夜はありません。そして止まない雨もありません。

今ここで踏ん張り、このコロナ禍が明けたとき、今まで以上に成長した私たちがそこにいます。

今回のコロナ禍での最大の敵は新型コロナウィルスではありません。

コロナ禍によって希薄になっていく、人と人との繋がりや想いだと思います。

こうした時だからこそ互いに声を掛け合い、相手の気持ちがわかる人間でいなくてはいけません。

そのため今年度のスローガンは

「今こそ常笑思考(じょうしょうしこう) ~いずれ来る明るい未来へ~」

とさせていただきます。

それぞれの立場、そしてそれぞれの状況の中、一人一人精一杯前を向いて戦っています。

今は大きく飛ぶために踏ん張る時です。

この時代に生まれたことを不運と嘆くのではなく、子供たちへつなぐ責任世代としていずれ来る明るい未来へ 共に団結し共に駆け抜けていきましょう!

 

【3つの方針】

① 出席率向上

② 当会の認知度向上

③ 地域連携

《委員会運営》

●地域活性化委員会

・廿日市市の活性化に寄与する例会、事業の企画運営

●広報研修委員会

・廿日市ビジネスチャレンジコンテストの運営

・事業活動の情報発信

・会員と企業資質向上に繋がる例会、事業の企画運営

・会員総会、卒業式等の企画運営

●交流委員会

・会員、OB、家族と交流ができる例会、事業の企画運営

・産学官民と交流ができる例会、事業の企画運営

・近隣YEG および近隣商工会青年部等との交流・連携

 

令和3年度(2021年度)廿日市商工会議所青年部会長 川西佑輝