令和4年度廿日市商工会議所青年部 会長所信

新型コロナウイルスにより世界の状況が一変され、早二年が経ちます。あまりにも大きな変化により仕事においても私生活においても、幾度となく絶望を感じる場面があったのではないでしょうか。数知れず失われた希望や夢、この二年間で私達の心の火を弱めるには十分すぎるほどの災害であったことは事実だと感じています。

ですが、止まない雨はありません。私達の情熱が完全に消えることはありません。トンネルの出口はもうすぐ目の前にあると信じています。私達が今するべきことは、もう一度高くジャンプするために「力を蓄えること」。そしてジャンプした先にある「新たなゴールを描くこと」に他なりません。

私は今年度のスローガンに「ALL IS WELL〜きっとうまくいく〜」を掲げさせていただきました。必死にもがきながらも、未来を信じて歩き続けたこの2年間も、幸せなことだと私は思っています。一日として無駄な日はなかったはずだからです。どんな状況でも合言葉のように「きっとうまくいく」と皆で信じ合い、一歩ずつ力を蓄えるのです。その先にある希望に溢れたゴールへ高くジャンプするために。

令和4年度はこの廿日市の地において50年に一度と言われる「中国ブロック大会」の開催が予定されています。関わっていただくすべての方々に元気と活力をお届けすることをここに約束します。アフターコロナの先駆けとして、また廿日市の未来のために、今一度心の火をくべられるよう青年部一同尽力していく所存です。

結びに、日頃から多大なるお力添えをいただいております関係各位の方々に、青年部一同、心より感謝申し上げます。当単会、廿日市商工会議所青年部が青年経済人として日々活動できているのは、紛れもなく皆様のお陰です。我々の活動をもって地域貢献という恩返しができるよう精進して参りますので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和4年度会長 大島 光人

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。